胃炎治療 ストレスが原因の神経性胃炎を病院も薬も一切使わずに治す 自律神経をチェックし食事療法を加えた自然な対処法

FrontPage

神経性胃炎が起こる原因とその対策

神経性胃炎の原因は色々と多岐に渡る訳ですが、その中でも気をつけておきたい点がいくつかあります。

その前にまず、どうしてストレスや悩みなどといった心の動揺がきっかけで胃の痛みがでるのか。

一般的に胃炎というと食べ過ぎや飲みすぎといった食生活に関して思い浮かぶところが多いと思います。

ですので、きっと神経的なものが原因の胃の痛みだろう・・・と思っても、食生活を見直してみるのは基本的に必要になります。

神経的な部分はひとそれぞれストレスに耐えられるキャパや必要な睡眠時間、それに生活習慣も異なるため、
原因として断定するのがとても難しいのが実情です。

ですから、薬を飲む事をためらう人も大勢います。
何故なら薬を服用して治る病とそうでない病の判断が付けられないからです。

そんな対処に難しいのが神経性胃炎なのです。

では、胃炎の実際の症状を見てみましょう。

  • 基本的な症状
    • 食欲の低下
    • 吐き気、嘔吐
    • 引き込まれるような不快感
    • すっぱい液の込み上げ
    • もたれ
    • 胸焼け
    • 過剰なげっぷ
    • 重圧感
    • みぞおち周辺の違和感

上記のようにひと口に胃炎といっても色々な症状があることがわかります。

神経性胃炎は特異な胃の病である

慢性胃炎や急性胃などのほかに胃下垂や胃酸過多症などといった胃の病がある中で、
神経性胃炎はとても特異な部類に入ると思います。

その理由は多くの内臓の病気は臓器そのものが病んでいるのに対して、
神経性胃炎は心の病が原因でその延長線上に臓器の異常が見られるというところです。

この部分をしっかり認識することが、早期発見・早期治療の第一歩となります。

言い換えると、間違った治療法をいくら実践してもよくはならないということなのです。
神経性胃炎はとてもデリケートな心の病である事をまず強く認識なさってください。

そして、もうひとつ大切なのが多くの場合、神経性胃炎は薬では完全に治癒することはありません。

何故なら胃そのものが痛んでいる訳ではなく、心の乱れが痛みや異常をその時々で誘発しているからです。

もっと分かり易く言うと、ある特定の場面や特定の状況下にだけ胃の痛みを
おぼえる人が大多数だということです。

例えば、会議の前になると胃が痛む、とか、学校のテストの前だけ胃が痛む、などです。

同じ人間なのに全く胃炎などになったことのない人と物心ついた時から発病していた人。
一体これは何処に原因があるのでしょうか。

同じ人間で同じように胃を持っている、日常生活も学生だったり、会社員だったり、大して環境に大差もありません。

では何故・・・

そうです。
神経性胃炎は心の病なのです。

便利サイト
アイスタイル | ホームメイト | アパマンショップ | キンキホーム | アットホーム | いい部屋ネット | 良和ハウス | エイブル | レオパレス | スマイミー | いい部屋ネット | ヒロジョブ | 求人ネット | フロムエー | はたらいく | タウンワーク | マイナビ | リクナビ | Dr.ハウシュカオフィシャル | @コスメ | フュージョン | PBクラブ | KOB | カートレ


トップ  |  サイトマップ  |  胃炎治療  |  胃炎解消  |  胃炎改善  |  胃炎防止  |  胃炎予防  |  胃炎対策  |  胃炎解決  |  胃炎完治  |  SEO対策 お試し被リンク  |

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional